とらブログ

海外旅行記を中心に記事を書くつもりです。

南米ペルー・地上絵の町ナスカその1~ナスカへの行き方、町の様子、食べ物

ナスカ

南米ペルーを旅する上で、ナスカは見どころの1つになります。

 

ナスカと聞いて連想されるのは、まず地上絵です。

しかし実際に行ってみたら、それ以外の魅力もあることに気付きました。

 

ということで、何回かに分けて、ナスカの紹介をします。

まずこの記事では、ナスカの行き方、町の様子、食べ物についてです。

 

 

 

ナスカへの行き方

ペルーの主要な見どころ都市の中で、ナスカは比較的交通の便が悪い場所です。

空港があるものの、地上絵遊覧フライト専用飛行場なので、他の地域との移動に飛行機は使えません。

そして、列車も通っていません。

そのため、ナスカに行く際はバスで行くのが基本となります。

 

2016年にペルーを旅した際に利用したのは、Cruz del Sur(クルス・デル・スール)という大手バス会社です。

Cruz del Sur - Portal Web

ペルー滞在中に3回利用しましたが、いずれの移動もとても快適で大満足でした。

 

バスを使えばいろいろな町からナスカへ来ることができます。

私の場合は首都リマからナスカに行き、翌日にナスカからリマに戻る日程にしました。

2016年当時で、料金は片道73ソルで、日本円にすると2500円弱といったところでしょうか。

移動時間は大体7時間30分で、途中でイカ等いくつかの町に立ち寄り、そこでも人の乗降がありました。

 

Cruz del Sur(クルス・デル・スール)というのは、ペルー国内の老舗の大手バス会社です。

ペルーのバス会社の中で安全性はトップクラスでしょう。

万全のセキュリティ対策がされており、乗る前に簡単な荷物検査と、着席したタイミングでビデオカメラによる顔の撮影が行われます。

乗り心地もとてもいいです。

1階がファーストクラスで2階がエコノミーに相当するのですが、2階でも十分だと思いました。

さらに、長時間移動のバスなので、トイレも付いています。

 

ナスカの町の様子

ナスカの町はどのようなところでしょうか。

自分にとっては砂漠の中の町という印象です。

頭の中では、常にこんな感じの砂漠風のBGMが流れていました。

www.youtube.com

 

町の周辺には荒野が広がっていて、日差しが強くて暑く、さらに空気が乾燥しているので、まさに砂漠のイメージです。

ナスカに来る前にマチュピチュ、クスコ、プーノという、標高が高くて涼しい場所を辿って来たことも余計に砂漠イメージを強めてくれました。

 

ペルーに限らず、特に途上国の暖かい地域の町は、夜まで賑やかなものです。

夕食後、夜7時か8時頃の公園はこんな感じでした。

ナスカの夜の広場

ナスカの夜の広場

結構小さい子が、夜の広場で昼以上に活発に遊んでいることに衝撃を覚えます。

 

ナスカは地上絵を売りにしていて、いたるところで地上絵がモチーフになっています。

 

町の中にはこんな壁があります。

ナスカの町の壁

 

広場のタイルにも地上絵です。

ナスカの広場の広場のタイル

 

お土産物屋がいくつかあり、どこも多数の地上絵柄のTシャツを売っています。

お土産としてのお菓子はあまり置いていませんでした。

 

買い物ついででいえば、ナスカに限らず、ペルーではインカコーラがおいしかったです。

リアルゴールドに似てるような気がするのですが、癖になる味です。

ペルーに行ったら1回は飲んでみてください。

 

ナスカの食べ物

ナスカは比較的太平洋に近く、魚介類を出すお店が多いです。

 

こちらはセビーチェ(Ceviche)という食べ物。

セビーチェ

魚介類のマリネのことで、紫タマネギが添えられています。

レモンの酸味と香辛料の辛味のバランスが絶妙でした。

具は、エビ、イカ、ホタテと何かの魚です。(なんだったかな)

左の方にあるのは、ペルー特有の大粒のコーンですね。

外国で魚介類を生で食べると考えるとちょっと不安でしたが、お腹を壊すようなこともありませんでした。

 

広場周辺にはポジョ・ア・ラ・ブラサ(Pollo a la Brasa)というものが食べられるお店があります。

こんな食べ物です。

ポジョ・ア・ラ・ブラサ

要するにチキンの丸焼きです。

この写真は鶏4分の1サイズなのですが、十分ボリュームがあって満足でした。

広場周辺にお店を3件見つけたうちの、1件は観光客向けで、2件は地元の人も使っていそうな感じです。

 

 

長くなってきたので、記事を分けます。

続きはこちら。

mawase.hatenablog.jp

 

 

 

【Google AdSense】アクセス数が少なすぎてNOの返事すらもらえない問題

f:id:mawase:20170309020128j:plain

Google AdSenseの審査は時間がかかるということがよく言われています。

時間がかかるどころか、場合によっては合格にも不合格にもならない状態が永遠に続くんじゃないかと思い始めました。

 

 

 

Google AdSenseの話

Google AdSenseについては、このブログでも何回か扱ってきました。

どんだけAdSenseにこだわってるんだか。

mawase.hatenablog.jp

mawase.hatenablog.jp

mawase.hatenablog.jp

mawase.hatenablog.jp

 

現在の審査状況

サブブログを使って2月1日に申請をしたのですが、1ヵ月以上経つのにいまだに審査が終わりません。

 

審査が終わるまではサブブログの方も毎日更新しつづけてやる!

・・・と思っていたのですが、1ヵ月ほどでGoogle先生との我慢比べに負けてしまいました。

 

サブブログの方に割くエネルギーがもったいなく感じてきたこととか、デザインとかもろもろ手抜きをしていたので更新し続けるモチベーションが下がってきたとか、理由はいろいろです。

 

ヘルプフォーラムを覗いていたところ、自分より後に申請した人に先に合格通知が来ているのを知ってしまったのも、結構心に来ました。

 

どこかで見た意見

あまりに審査結果が来ないので、ヘルプフォーラムをいろいろと徘徊したり、AdSense攻略系の記事を読んで回ったりしていました。

 

そこで見つけた意見として、こんなものがあります。

いわく、審査が進むためにはサイトにある程度のアクセス数が必要。

 

また別の意見としては、こんなものもありました。

アクセス数が少ないサイトに、広告主は広告を出稿したいとは思わない。

だからアクセス数が必要である。

 

やっぱりアクセス数は必要なんですねー

1日のアクセス数が1桁のサブブログじゃ無理ですよねー

 

サブブログのアクセス数を上げようとちょっと考えたのですが、そもそもメインブログのアクセス数だって大したことない今の状況。

それならまずはメインブログでアクセス数を上げる方法を学ぶのが先決。

そう考えて、サブブログの更新をやめてしまいました。

 

現状の問題

とりあえずサブブログの更新を止めたのですが、だからといって不合格通知も来ません。

こうなると次に問題になるのが、このままだとメインブログで審査を申し込もうにも何もできないということ。

いつまでこの状態が続くんでしょうか。

 

Google先生

合格させろとは言わないんで、せめて不合格でも結果通知をそろそろくれませんかね。

「いっそ殺せ」的な気分です。

 

審査対象はここですよー

www.toratorabell.xyz

 

 

 

インターネット名刺作成サービスの比較

名刺

インターネットで名刺を作れるサービスをいくつか見てみました。

どこで名刺を作るかの参考にしてみてください。

触ってみたのは以下の4つのサービスです。

着目ポイントは以下の3つです。

  • サイト
  • 名刺デザイン
  • 価格

 

 

 

ビスタプリント

不動産投資家系のブログでは、一番よく名前を聞いたサービスです。

 

サイト

サイトの第一印象としては、他のサービスに比べるととっつきにくい感じがします。

とりあえず名刺のページに行ったところ、いろいろと名刺の種類があるのですが、どれがスタンダードなのかちょっとわかりづらかったです。

どうやら、「プレミアム名刺」というのがスタンダードなもののようなので、それを詳しく見てみます。

 

名刺デザイン

データ入稿しての作成と、テンプレートからの作成の両方が選べます。

プレミアム名刺だけでテンプレートが7000種類以上もあり、さらにそれぞれ色違いを選ぶこともできます。

業種やテーマである程度絞り込みができるとはいえ、それでも種類がかなり多くて全部見るのは大変です。

テンプレートが多いという点は、長所にも短所にもなりますね。

 

価格

価格は100枚で税別980円からです。

他に比べてしまうとちょっと高いですね。

 

ラクスル

個人的に、サイトが一番洗練されているように感じました。

 

サイト

ぱっと見ると情報が多すぎるように感じるかもしれませんが、意外と必要な情報にはスムーズにたどりつけます。

 

名刺デザイン

デザインは自分で作ったデータを入稿するか、テンプレートから選ぶか、という2種類の方法が選べます。

テンプレートの方は色違い含めて30種類しかないので、データ入稿での利用がメインなのかもしれません。

 

価格

印刷枚数、カラーか白黒か、片面か両面か、ということに加えて、出荷日によっても値段が変わってきます。

100枚印刷で最長の7営業日後を選ぶと、印刷の仕方に関わらず税別463円でした。

送料は別ですが、安いと思います。

 

プリスタ。

シンプルなサイトの作りが気に入りました。

 

サイト

トップページだけはPRが多くて少しごちゃごちゃしていますが、サイト全体としてはシンプルで分かりやすいです。

必要な情報もすぐ見つけられます。

 

名刺デザイン

データ入稿するタイプと、デザインを選ぶタイプがあります。

選べるデザインは色違いも含めて約600種類です。

1つのページにすべて載っているので、楽しく選べますが、絞り込みができないというのは不便に感じました。

 

価格

100枚140円からということで、とても安い印象ですが、まずデザインしてみて紙の質や枚数を決めてからでないと正確な金額は分かりません。

適当に選んで進んだら100枚720円となったので、最安値のインパクトほど安くはないようです。

 

名刺通販ドットコム

最少50枚から注文できる、名刺専門サービスです。

 

サイト

一見すると賑やかですが、他のサービスと違って名刺しか扱っていないので、実はシンプルな作りで、分かりやすいです。

妙に縦長な感じが、楽天市場っぽい気がしました。

 

名刺デザイン

データ入稿もできますが、どちらかというとテンプレートからの作成に力を入れているように見えます。

テンプレートは300種類以上ありますが、同じデザインで色だけ4パターンに変えたものも含んでいるので、実際に選んでみると少なく感じます。

 

価格

モノクロ片面50枚で税込み780円、カラーだと片面50枚で1,580円です。

ちょっと高めでしょうか。

 

まとめ

インターネットの名刺作成サービスを4つ見てみました。

ざっくりとした印象はこんな感じです。

  • 豊富なテンプレートから選びたければビスタプリント
  • 安くしたければラクスル
  • デザインと価格のバランスの取れたプリスタ。
  • インターネットに不慣れでも使いやすい名刺通販ドットコム

参考にしてみてください。

 

 

 

不動産投資で成功したければ専用の名刺を持ちましょう

名刺

不動産投資で成功したければ、専用の名刺を作るべきです。

その理由と、名刺に載せるべき情報について解説します。

 

 

 

名刺が必要な理由

不動産投資での成功のために名刺が必要な理由は、人脈作りのツールとするためです。

不動産投資においては、多くの局面で人脈がものをいいます。

 

上流の物件情報を得るために。

融資してもらえる金融機関を人づてに開拓するために。

強い客付け会社を紹介してもらうために。

リフォームの知識を得るために。

 

人脈なしでは大きな成功はつかめません。

 

人脈作りの第一は、連絡先を交換すること。

その場で携帯をいじってアドレス交換に応じてくれればいいですが、そうしていられない場面も多々あります。

だからこそ名刺が必要なのです。

 

本業の名刺がだめな理由

連絡先を交換するだけであれば、本業の名刺でもいいのではないかという意見もあります。

しかし、以下の3つの理由から、本業の名刺では不十分です。

 

法律的な理由

本業の名刺を、本業と関係ない不動産投資で利用するのは、厳密にいえば横領にあたります。

こんなつまらないところで隙を作るのは得策ではありません。

 

利便性の問題

本業の名刺では個人の連絡先がのせられません。

会社のメールアドレスや電話番号に副業の連絡が来ては、本業でも不都合がありますし、副業としても不便になります。

 

投資上の不利益

本業の名刺を出すと本業の会社名を見られてしまって、不利になる場合もあります。

 

属性が悪い場合

誰も聞いたことのない会社の名刺を出すと、相手になめられてしまう部分があって不利です。

また、知名度があっても評判の悪い会社であったりすると、会社の信用に引っ張られて本人の信用も下がりかねません。

 

属性が良い場合

属性がいい場合、つまり本業の所属が有名大手企業であった場合でも不利になります。

本業の所属が安定した大企業であると、社会的に信用のある人物として融資を受けやすくなります。

すると、不動産業者やその他関係者から、カモとして見られてしまいます。

 

また、不動産投資という、本業と関係のない場所で一流企業に所属していることを明かすと、不要なねたみを受けることも考えられます。

 

 

このような理由があって、本業の名刺の利用は避けるべきなのです。

 

名刺に載せるべき情報

では、実際に不動産投資専用の名刺を作るにあたって、どのような情報を載せればいいのでしょうか。

それをここで見ていきます。

 

基本となる情報

まずは必須の情報として、以下の情報を載せましょう。

  • 名前orビジネスネームor大家ネーム(○○大家等)
  • 連絡先
    • 住所(番地までなくても地域が分かる程度で可)
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • SNSアカウント(Facebookアカウント等)

副業での活動を絶対に外部に漏らしたくないといった事情があれば、ビジネスネームや大家ネームで活動するのもありだと思います。

 

名刺の工夫の仕方

名刺は人脈作りのためのツールなので、上記の基本となる情報以外にも、載せる情報を工夫するポイントがあります。

 

写真つき

名刺交換をした相手が、自分の顔をずっと覚えていてくれるとは限りません。

顔と名前を一致させて覚えてもらうために、顔写真や似顔絵を載せるというアイデアがあります。

 

物件情報つき

不動産投資家同士でよく話題になるのは、お互いにどんな物件を持っているかという情報です。

これを名刺に載せておくと、会話の糸口としてちょうどいいでしょう。

地域を載せるだけでなく、物件の写真を載せるのもインパクトがあります。

 

インセンティブ

客付け業者さんを回る際に有効なのが、入居を決めた際のインセンティブ情報を名刺に載せることです。

名刺が捨てられにくくなり、また、入居付けのために動いてもらいやすくなります。

 

 

名刺については、工夫するポイントがいくらでもあります。

いろいろとやってみたり、他の人の名刺を参考にするのがいいでしょう。

 

名刺の作り方

名刺の重要性、名刺に載せる情報がつかめてきたところで、実際に名刺はどのように作ればいいのでしょうか。

名刺の作り方は、大きく分けて3通りあります。

  • 実店舗での名刺作成
  • インターネットでの名刺作成
  • プリンターでの名刺作成

作り方については、こちらの記事で詳しく説明します。

mawase.hatenablog.jp

 

 

 

コインパーキング投資の関連書籍まとめー読むならこの2冊

コインパーキング

コインパーキング投資という不動産投資の手法があります。

興味はあるけど情報が足りないという方のため、おすすめ書籍を2冊紹介します。

 

 

 

コインパーキング投資とは

まず、コインパーキング投資について簡単に説明します。

 

コインパーキング投資とは、文字通りコインパーキングを運営して利益を上げる手法です。

このビジネスモデルは昔からあるものですが、最近はニーズが高まっています。

 

その要因となっているのが、違法駐車に対する取り締まりの強化です。

2006年から違法駐車の取り締まりが民間に委託されました。

これにより今まで路上駐車されていた車の行き先として、コインパーキングのような一時貸しの駐車場に対するニーズが高まっているのです。

 

1冊目:コインパーキングで年1200万円儲ける方法

コインパーキングで年1200万円儲ける方法

コインパーキングで年1200万円儲ける方法

 

まずはこちらの1冊がおすすめです。

2014年発行ですが、内容について古さは感じません。

著者の方が副業として取り組まれた内容がベースになっていますが、駐車場のレイアウトの提案を自らしていたりと、本格的に取り組まれているので、勉強になる部分が多いです。

以前、こちらの記事でも紹介しています。

mawase.hatenablog.jp

 

2冊目:コインパークの魅力~実録・すべて借地で年商1億円

コインパークの魅力~実録・すべて借地で年商1億円

コインパークの魅力~実録・すべて借地で年商1億円

 

2冊目としてはこちらをおすすめします。

全体としてみると1冊目に比べるとボリューム・内容ともに薄い印象です。

しかし、設備の具体的な費用や調達方法の比較、規模拡大のための土地の仕入れ等、一部の項目についてはこちらの方が詳しく載っています。

そのため、まず1冊目で概要をつかんで、補完として2冊目を読むのがいいでしょう。

 

こちらの本も、著者の方の取り組みがベースになっていますが、駐車場の仕入れのために一時的に人を雇ったりしていて、より事業に近い取り組みです。

事業寄りのために拡大に対するこだわりがあり、1冊目だけでは学べない以下のことが学べます。

  • レバレッジをかけて投資効率を上げるための工夫
  • 土地オーナーとの契約について

 

まとめ

コインパーキング投資に関する書籍を2冊紹介しました。

この2冊で、概要プラスアルファくらいまで学べて、実際に動きだすことも可能です。

 

 

 

Google AdSense収益で投資費用を回収できるアクセス数の目安~はてなブログの場合~

数値分析

あなたはGoogle AdSenseに興味がありますか。

きっとありますよね。

じゃなければこんな記事を見ないですよね。

この記事にはGoogle Adsense申請中のリアルな苦悩が描かれます。

同じ境遇の人にはもしかしたら役立つかもしれません。

もう審査通ったよ、って人は見下して笑っちゃってください。

 

 

 

Google Adsense申請後の状況

以前、Google AdSenseに申し込みました。

その顛末は、こちらの記事。

mawase.hatenablog.jp

サイトの審査には最大で 3 日間かかります。審査が完了次第、メールでお知らせいたします。

というメッセージがAdSense管理画面に表示されてから4週間近く経ちますが、いまだに音沙汰ありません。

Google先生の3日間とは一体・・・。

 

Google先生

こちらのブログの審査お願いしますよ!

とらのとらべる

 

 

審査通らないんじゃないかな

今の状態になってから2週間したあたりで、審査落ちを覚悟し始めています。

その様子はこちら。

mawase.hatenablog.jp

当時、記事の中でこんなことを書いていました。

サブブログの更新を停止して、メインブログの方に注力してそちらを審査にかければいいのでは

 そして、こうも書いています。

Proの費用がネックなのであれば、Pro分の費用を賄えるような運用をするというのも一つの手段かもしれません。

その後、結局具体的には考えていなかったのですが、さらに2週間が経とうとしている今、具体的に考えてみました。

 

サブブログの運営コストがもったいない

メインブログを審査にかけることをまともに考え始めたきっかけとしては、サブブログの運営コストがもったいなく感じてきたことです。

サブブログも更新を続けているのですが、だんだんと内容が適当になってきています。

デザインに至っては初期状態のままで、見出しすらつけていないのですが、わざわざSeesaaブログ特有の方法を学ぶのも億劫でして。

ぐだぐだなサブブログにこれ以上エネルギーを割いてもな、というわけで、メインブログを審査にかけることを考えるようになったのです。

 

 

コスト試算

メインとなっているこのはてなブログGoogle AdSenseの審査にかける場合、2種類のコストがかかります。

 

ドメイン代については、使いたいと思っているドメイン名の料金をお名前.comで調べてみたところ、1年間で2840円でした。

1ヵ月あたりだと236円です。

 

はてなブログProの料金は、3パターンあります。

  • 1ヵ月コースならば1008円。
  • 1年コースならば8,434円で、1ヵ月当たり703円。
  • 2年コースならば14,400円で、1ヵ月当たり600円。

 

2種類のコストの合計としては、高いパターンで考えると1ヵ月あたり1,244円です。

 

 

コストをまかなうためのアクセス数

ブログのアクセス数とGoogle AdSenseの収益との関係については諸説ありますが、ここでは仮に1PVあたり0.1円の収益と見ます。

この場合、1ヵ月あたり1,244円のコストをまかなうためには、毎月12,440PVが必要となります。

1ヵ月を30日とすれば1日のPVが415ですね。

このあたりが必要なアクセスの目安と言えそうです。

もっと努力しなければ。

 

まとめ

はてなブログの場合、Google AdSenseの収益とブログ維持費がとんとんになるのは、月間12,440PV、1日では415PVが目安です。

 

あとGoogle先生、こちらの審査はよはよ。

とらのとらべる

 

 

 

副業用Facebookアカウントの作り方

副業

副業での人脈構築のために、副業専用のFacebookアカウントが欲しくなる場合があります。

まさにそのような状況になったので、副業用アカウントの作り方を調べてみました。

 

 

 

副業用Facebookアカウントが欲しくなる場面

私の場合の話です。

副業をする際、そのフィールドによっては人脈づくりが必要になります。

例えば不動産投資などは人脈があるほど有利になる面があり、人脈作りは必須です。

その際、Facebookでつながりたいところなのですが、副業関係の人脈は昔からの友人たちや会社の人たちには知られたくないと思いました。

そのようなとき、副業用アカウントが欲しくなります。

 

Facebookのポリシー上の話・実際の運営上の話

Facebookはそのポリシーとして実名登録をうたっているSNSです。

1人で複数アカウントを持つことは禁止されています。

そのため、複数アカウントを持っているとアカウントを停止されたり、削除されたりする可能性もあると考えておきましょう。

 

しかしポリシー上そうなっているからといって、実際に複数アカウントを持つと即座に停止されたりするかというと、そんなことはないようです。

Facebookでは、明らかに実名でないアカウントも見かけます。

このようなアカウントが存在していることから、副業用に仮名のアカウントを作成しても、本人とのつながりがわからなければ停止を免れられるように思います。

 

現状としては、副業用アカウントを作ったとしてもFacebookの運営チームから見逃される可能性が高いので、ポリシーを無視して作ってしまうのも1つの手段です。

今後運営が厳しくなったときにも存続できるとは限らないので、最悪アカウント停止されることも見込みつつ、やるならば自己責任でやりましょう。

 

Facebookページ

ポリシーの遵守という観点を重視するならば、その選択肢の1つとなるのがFacebookページの利用です。

Facebookページとは企業が広告に利用することを想定して作られた機能で、個人用アカウントと比べた時に、できることできないことに大きな違いがあります。

個人的にもっとも大きな違いは、Facebookページでは友達申請ができないということです。

副業のためにFacebookアカウントを持ちながら友達申請ができないというのでは、意味がだいぶ薄れてしまいます。

そのため、Facebookページ利用については検討しません。

 

友達リストの非公開

ポリシーを遵守しつつ人脈を作るもう1つの方法として、友達リストを非公開にするという方法があります。

これならば、副業上の関係者と友達になっただけでは、それを他の人に知られることはありません。

 

しかしこの機能には不便なところがあり、特定の人とのつながりだけを非公開にすることはできません。

すべての友達について一括で公開するかしないかを設定することになるので、昔からの友人とのつながりについても、他の人から見えなくなってしまいます。

Facebookをよく利用する人にとってはデメリットとなる点です。

 

また、副業の面からも不便な点があります。

誰とつながっているかが分からないので、人脈を広げにくいというところです。

友達リストを公開していれば、「あの人の友達であれば」というように共通の友達を介した紹介のような形で人脈を広げやすいですが、誰と友達なのか分からない状態ではこのメリットが使えません。

 

まとめ・副業用Facebookアカウントの作り方

副業用Facebookアカウントの作り方について調べた結果としては、以下のようになります。

  • ポリシーを遵守するならばFacebookページという方法があるけど、友達申請ができない
  • 友達リストを非公開にする方法もあるけど、不便な点が多い。
  • 運営次第で今後どうなるかわからないけど、複数アカウントを作ってしまうのが便利そう。

参考にしていただければと思います。