とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

不動産投資関連のおすすめ本

不動産投資をする上で勉強は欠かせません。

セミナーや勉強会に参加したり、実際に収益物件を運営してみたり、不動産業者にお話を聞いてみたりと、いろいろな勉強方法があります。

たくさんの手法の中で、手軽にできてしかもコストパフォーマンスが高い勉強法として、不動産関連の書籍を読むのはとてもおすすめです。

 

 

 

  • セミナーや勉強会と異なり、自分のペースで勉強ができます。
  • 実際の物件運営は失敗すると損失が図りきれませんが、本ならばたとえ大失敗したとしても本1冊分の損失にしかなりません。
  • 不動産業者にいきなり連絡を取るような心理的なハードルがありません。

 

本によっては、地域の図書館で借りることもできるので、お金をまったくかけずに勉強することも可能です。

 

とはいえ、近年は不動産投資ブームもあり、書店に行くとたくさんの不動産投資関連書籍が並んでいて、どれを買えばいいのかわからないという方もいるかと思います。

 

そこで、いろいろと不動産投資関連の書籍を読んできた中で個人的におすすめの本を紹介します。

 

最新 「金持ち大家さん」になる! アパート・マンション成功投資術

最新 「金持ち大家さん」になる! アパート・マンション満室経営術

表面利回りと実質利回りのおおまかな相関や、建物の修繕の周期・費用等、具体的な細かい数値等含めて、とても詳細に書いてあります。

頭から読み通して、自分に足りなかった知識を補完するというよりは、実際に不動産投資をする際に手元においておくのがおすすめです。