読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

e-tax利用者のマイナンバー制度対応

不動産投資

不動産投資をしている私は、毎年確定申告をしています。

昨年度分までe-taxを利用していましたが、マイナンバー制度の開始により、申告手順に変化がありそうなので調べてみました。

その内容をまとめます。

 

マイナンバーカードと住基カード

まずは、この先の説明に出てくるマイナンバーカードと住基カードについてまとめます。

総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|住基カードをお持ちの方へ

 

e-tax利用方法

従来どのようにe-taxを利用していたかを整理します。

e-taxで確定申告を行うためには、以下のアイテムが必要となります。

てっきり住基カードが必要なのだと思い込んでいましたが、実は住基カードではなく、その中身である電子証明書が必要なのです。

 

住基カードでのe-taxによる確定申告はいつまでできるか

上述のとおり、大事なのは住基カードではなくそれに格納された電子証明書です。

これが有効である限り、住基カードで確定申告ができるようです。

電子証明書がいつまで有効かということですが、住基カードに直接書かれてはいません。

住基カードに記載されているのは住基カード自体の有効期限であり、電子証明書の有効期限ではありません。

それぞれの有効期限は以下のように決まっています。

電子証明書の有効期限を調べる方法については、後述します。

 

住基カードに格納された電子証明書の有効期限の確認方法

詳しくはこちらのページにあります。

証明書の表示方法 : 公的個人認証サービス ポータルサイト

必要なアイテムは以下の通り。

JPKI利用者ソフトがインストールされたPCに、ICカードリーダライタを接続し、住基カードを挿入して、JPKI利用者ソフトを起動します。

「証明書を見る」>「自分の証明書」で、電子証明書パスワードを入力すると証明書の情報を見ることができ、その中に有効期限もあります。

パスワードはe-tax利用時に利用しているものとはことなります。

3回連続で間違えるとロックされてしまい、電子証明書の発行を受けた自治体の窓口での手続きが必要になってしまうので間違えないように気を付けましょう。(私はまんまとロックされてしまいました。)

 

まとめ

まだマイナンバーカードを発行していない人は、住基カードに格納された電子証明書の有効期限を確認しましょう。

来年の確定申告まで有効期限が持つ方は、e-tax利用自体について、マイナンバー対応はまだ先延ばしにできます。