読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

海外旅行で外貨調達を低コストに抑える方法

海外旅行の際は当然外貨が必要になります。

何も考えずに空港や銀行で両替をすると損になることがよくあります。

ここではお得な外貨調達法を紹介します。

 

 

 

まず結論から書きます。

ドルやユーロのような主要通貨であればマネーパートナーズの外貨両替を利用しましょう。

マネーパートナーズで外貨両替の扱いのない通貨であれば、現地のATMでクレジットカードでのキャッシングを利用しましょう。

 

なおどちらの場合にしても、現地でどれだけ現金を使うかということをなるべく正確に見積もって、過不足のない両替をしましょう。

もし過不足があれば余計なコストが発生してしまいます。

不足した場合は追加の両替による手数料がコストになります。

余った場合はその処分として、日本円に再両替をしたり、適当なおみやげにしたり、募金にしたりという手段を取ることになりますが、どれを選んでも結局は最初から予定されていた消費ではなく無駄なものとなります。

 

現地での現金利用額の調整のためには、適宜クレジットカードも使っていきましょう。

現金の減少を抑えられ、ポイントも貯まります。

クレジットカードが利用できるお店を選ぶという手段もそこから導き出されます。

国によっては日本よりクレジットカードが根付いていて少額でもクレジットカードが利用しやすいこともあるので、頭に入れておいてください。

 

 

さて、最初に紹介した外貨調達法をさらに詳しく解説します。

まず主要通貨の交換ですが、これにはマネーパートナーズを利用します。

本来はFXサービスを提供している会社なのですが、FX取引のレートで外貨の現物を手に入れることができます。

FX取引同等なので圧倒的にレートがよく、固定で取られる手数料を差し引いても、銀行や空港では対抗できません。

気を付けることとしては、日本から大量の現金を持って移動することになるという点です。

現金を一か所にしまわないようにするような、リスク対策を行いましょう。

現金を一つの財布にまとめていた場合、財布一つをスられるだけで全財産がなくなり、旅を継続できなくなります。

ついでにですが、現金だけでなく、クレジットカードも複数枚持って行って場所をばらけさせて持っておくのがおすすめです。

 

 

次に、主要通貨でなく、マネーパートナーズの外貨両替が使えない場合です。

この場合はクレジットカードで海外キャッシングを利用しましょう。

これもまたレートのいい手法で、銀行や空港でのレートに圧勝できます。

気を付けるのは、デビットカードではなくクレジットカードを利用するという点です。

どちらも似たような機能なので同じものかと思ってデビットカードで引き出したことがありましたが、国際キャッシュカードという扱いで、手数料がクレジットカードと比べて割高になっているようでした。

 またもうひとつ気を付けることとして、なるべく早めに繰り上げ返済するという点です。

数日間繰り上げ返済せずに放置したとしても、その手数料は一般的な外貨両替をするよりはよっぽどお得ですが、無駄な金利を払うだけなので、速やかに返済してしまいましょう。

 

外貨調達の方法を紹介しました。

お得に外貨を調達して、現地で利用できるお金を増やして旅を楽しみましょう。