とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

普通預金ならイオン銀行

不動産投資においては突発的な出費に対応できるように、ある程度のキャッシュを常に用意しておく必要があります。

その運用先の選択肢の一つとして、普通預金について調べてみました。

 

 

 

現状もっとも普通預金金利がいいのは、イオンカードセレクトを持ったうえでのイオン銀行利用のようです。

金利はなんと、0.12%。

普通預金金利としては圧勝で、他の銀行の長期の定期金利なみの金利です。

 

この金利を享受するための条件となっているイオンカードセレクトについても調べました。

クレジットカードとしてのイオンカード、キャッシュカードとしてのイオンバンクカード電子マネーとしてのWAONが一体となったカードです。

年会費は無料。

ちなみに、この上位に相当するインビテーション制のゴールドカードも年会費無料です。

現在だと、ポイントタウンからの申込で5000円相当のポイントをもらえるキャンペーンを開催中です。

 

物件購入のための頭金や見せ金だったり、突発的な修繕に備えるためのお金だったりと、割と現金を保有しておくことの多い不動産投資。

このような用途のお金を間違えて使ってしまうという自体を避ける意味でも、金利のいい専用口座は役に立つと思います。