とらブログ

海外旅行記を中心に記事を書くつもりです。

nanacoポイント対象商品・対象外商品

nanacoで税金支払いをしても、nanacoポイントは付与されません。

nanaco支払によりnanacoポイントがもらえる商品とそうでない商品があるのです。

 

 

 

ポイント付与対象外商品があることに気づいた

先日、nanacoで税金の支払いを行いました。

nanacoを利用するとnanacoポイントがもらえるので、さてそれをANAマイレージに換えようかと思った時に、nanacoポイントがついていないことに気づきました。

nanacoによくあるタイムラグってやつかなと思ったのですが、実はnanacoで税金支払いを行っても、nanacoポイントは付与されないとのこと。

どこかで知っていたはずですが、忘れていました。

 

nanacoポイント付与対象外商品

公式サイトによると、以下の商品の支払いではnanacoポイントは付与されないとのこと。

インターネットショッピング・公共料金の代理受領、切手、はがき、印紙、年賀状、クオカード、テレホンカード、ビール券・酒クーポン券、アイチューンズカード、プリペイド携帯カード、タバコ、映画券・前売り券、地域指定ゴミ袋、ゴミ処理券、スキーリフト券など 

 「公共料金の代理受領」ってところに、税金の支払いも含まれているのでしょう。

事前によく調べておけばこのがっかり感は避けられたはずなのに。

 

それでもnanacoによる税金支払はお得

nanacoポイントがつかなくてちょっとがっかりしましたが、今後もやはり税金支払には可能な限りnanaco支払を利用しようと思います。

楽天カード(JCB)のような、nanacoチャージでもポイントがもらえるクレジットカードが存在しているので、普通に税金を支払うよりもクレジットカードポイントが得られる分だけ得になるのです。

 

意外なポイント付与対象商品

今回確認のために公式サイトを見ていたら気になるところがありました。

以下の支払はnanacoポイント付与対象になるようです。

「雑誌/新聞」「DVD」「宅配便」「セブンミール

雑誌・新聞やDVDはどこで買っても値段がほぼ変動しないので、もし他の節約術を利用していないのであれば、セブンイレブン等でnanaco支払いで買うのもいいかもしれません。

また宅配便を出す際もセブンイレブンから発想してnanaco支払いにするとnanacoポイントがもらえます。

持ち込みになる分の手間との兼ね合いですが、機会があるなら考慮してみるのもいいでしょう。