とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

マイナンバーカードの交付申請が結構簡単でした

確定申告のためにe-taxから申告書を送ろうとしたら、電子証明書に認証ミスでロックがかかっていてできませんでした。

ロック解除には役所の窓口に行く必要があるのですが、どうせならばとマイナンバーカードを発行することにしました。

私にとっての住基カードの用途は、e-tax電子証明書を利用するだけなので、特に困りません。

 

 

 

なお、今までマイナンバーカードの発行を躊躇していたのは、ちょっとした勘違いがあったからです。

私の住んでいる自治体では今年の7月以降、証明書の自動発行はマイナンバーカードを使ったコンビニ交付でしかできなくなります。

「ということは、マイナンバーカード交付してしまったら、現在の自動発行システムが利用できなくなってしまう」

という冷静に考えればとんちんかんな勘違いをしていました。

マイナンバーカードの交付を受けたところで、現在のシステムは利用できますし、新しいシステムであるコンビニ交付もすでに稼働しているので、証明書自動発行について困ることはありません。

また、マイナンバーカードの交付手数料も無料なので、これもデメリットになりません。

 

そんなわけでマイナンバーカードの交付申請をしました。

手続きはとても簡単です。

マイナンバー通知カードのQRコードスマホで読み取ると、交付申請画面が開きます。

連絡用のメールアドレスを入力すると、申請情報登録URLが届きます。

そのURLを開いて、同じくメールで届いた認証番号の入力や、顔写真のアップロード、生年月日の確認をすると完了です。

全部で5分もかかりませんでした。

あとは、自治体からの連絡を待てばいいようです。

確定申告の期限までに間に合えば、私としてはまったく問題がないです。

 

意外と簡単に終わるので、躊躇している人はとりあえずやってみてもいいんじゃないかと思います。