とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

目標を見据えた不動産投資

不動産投資は目標を定めることが必要だとよく言われます。

そしてその目標は具体的であるほどいいと言われます。

 

 

 

例えばキャッシュフロー毎月100万円を目標とするならば、ある程度投資手法は限られてきます。

キャッシュフロー100万円となると家賃収入としては500万円ほど必要になり、利回り10%で考えると6億円分の物件購入が必要になります。

6億円を現金購入できるならば話は別ですが、たいてい融資を使わなければ購入できないレベルなので、融資を見据えた物件選びをすることになります。

 

属性次第の部分はありますが、1回2回程度の融資で6億円分に達するのは簡単ではないので、融資を引き続けられるような購入の仕方が必要なんでしょう。

 

うかつな進め方をすると、個人の年収が担保として利用されてしまい、債務超過状態となって手詰まりになってしまいます。

 

最近だと戸建投資が比較的儲かりやすい手法として注目されていたりしますが、儲かるからといってその手法に手を出すのは考え物です。

本来の目標に到達するための手段として不動産投資を選んでいるはずなので、投資手法もそれに合ったものでなければなりません。

キャッシュフロー毎月100万円を目指している状態で戸建投資が気になっている場合は目標を再確認するべきでしょう。

戸建投資で得られるリフォームの知識というものもありますが、目標に近づくためにその寄り道は必要なものなのかをよく考えるべきです。