とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

最高の投資は絶対に広告など出さない

金持ち父さんシリーズの比較的最近の本を読みました。

金持ち父さんのセカンドチャンス: お金と人生と世界の再生のために (単行本)

金持ち父さんのセカンドチャンス: お金と人生と世界の再生のために (単行本)

 

 

 

 

一番印象に残ったのは、204ページの以下の記載です。

これだけは覚えておいてほしい。最高の投資は絶対に広告など出さない。絶対にだ。

そのとおりだと思います。

良い投資案件であるなら、広告費なんかかける前に誰かの手に渡っていくものです。

 

最高の投資が広告を出さないということは、広告を出している投資案件は最高の投資ではないということです。

広告にお金がかかるほど悪い投資になるということも言える気がします。

新築区分マンション投資なんかはその典型でしょう。

 

投資案件を見たときに、それにどれほどの広告費がかけられているかということを見抜けるようになれば、「最高の投資は絶対に広告など出さない。」という考え方から悪い投資に手を出してしまうことを避けられるでしょう。

 

やたらと値引いたり無料セミナーを開いたりというのも、一種の広告だと考えるとしっくりきます。

そのようなところに最高の案件は無いのでしょう。