とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

不動産投資のメンター探し

不動産投資にあたっては、アドバイスをくれる存在、つまりメンターがいた方がいいでしょう。

それについていろいろと考えてみました。

 

 

 

アドバイスという点では、不動産業者も1つの候補になりますが、あまり適切ではないと思います。

不動産業者は仲介手数料や管理手数料で収入を得るビジネスなので、相談に来た相手に対し、物件を売買してもらったり、物件の管理を任せてもらうことを望みます。

このような立場からだと、たとえ物件売買を行うべきでないタイミングであっても、売買を誘導してくる可能性があるため、中立な立場からのアドバイスは得にくいでしょう。

また、将来的な規模拡大というビジョンがあったとしても、不動産業者から見れば1棟だけ売買してもらえれば十分な利益が取れるので、ビジョンを無視した短期的な売買に誘導されて、結果として規模拡大に行き詰るということもありえます。

 

メンターとしては不動産業者以外の方がいいでしょう。

 

メンター候補に出会う方法として2種類あると思います。

前者は無料もしくは定額、後者は原則有料でしかも高額なものが一般的だという想定です。

 

無料・有料の違いがありますが、有料だからいいサービスが受けられるとは限りません。

また、無料でアドバイスをもらえるからといって、それは親切かもしれませんが正しいアドバイスであるとは限りません。

結局、無料か有料かということは、サービスの良し悪しの判断基準にはならないでしょう。

よりよいサービスを探すならば無料でも有料でもあたってみるべきですが、どうせサービスの良し悪しに関係ないのであれば、まずは無料の方、つまり大家コミュニティから先に探してみるのがいいかもしれません。

ひょっとしたらそこで頼りになるコンサルティング業者を紹介してもらえる可能性もあります。

(ただし紹介料が裏で動いている可能性もあるということは頭に入れておいた方がいいでしょう。)

 

まずは、大家コミュニティに参加するところですが、コミュニティの探し方は何かコツがあるのかもしれません。

個人的には、まずどこでもいいから参加してみて、そのコミュニティに参加している人が他のコミュニティにも参加しているようだったら、紹介してもらうという形で、芋づる式に行動範囲を広げていくのがいいんじゃないかと思います。

 

大家コミュニティへの参加に関しては、失敗しても失うものはないでしょう。

行動あるのみです。