読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

楽天銀行カードを楽天カードに切り替えると起こること

楽天銀行カードを楽天カードに切り替える申し込みをして、ついに新しいカードが届きました。

やってみて初めてわかったこともあったので、誰かの参考になるように書き残します。

 

 

 

新規入会特典はもらえない

楽天カードを持ったことのない人が楽天カードに入会すると新規入会特典として2000ポイントがもらえるようなのですが、楽天銀行カードから楽天カードに切り替えた際はもらえません。

もともと楽天カードとしてのクレジット機能を利用していたので当たり前とも言えます。

楽天銀行カードを手に入れた当時2000ポイントをもらったかどうかはもはや覚えていません。

どうだったかな。

もし楽天銀行カードでは初回特典ポイントがもらえないのであれば、楽天銀行カードを持とうと考えている人は、楽天カードを先に持つべきかもしれません。

 

以前比較した結果、楽天銀行カードを持つメリットというのはクレジットカードとキャッシュカードが1枚にまとまるという点のみだったので、そこのメリットにこだわりがなければ楽天カードを持つべきでしょう。

mawase.hatenablog.jp

 

楽天銀行カードのキャッシュカード機能は自動で停止してしまう

今回おそろしいと思ったのは、楽天銀行カードから楽天カードに切り替えると、楽天銀行カードはキャッシュカードとしての機能も失い、ただのゴミになってしまうというところです。

カードが届いた翌日に自動でキャッシュカード機能を停止しているのかもしれません。

人によっては、切り替え後に新しいキャッシュカードを申し込んでそれが届くまでの間、キャッシュカードが使えないという場合もありえるでしょう。

注意喚起があったかもしれませんが、あまり印象に残っていないので、もっとわかりやすく警告してほしいものです。

 

カードお受け取り記念キャンペーンは参加可能・ただしあまり魅力はない

新規入会特典がもらえないので、カード受け取りキャンペーンも参加できないのかと思いきや、こちらは参加可能でした。

ただしキャンペーンの条件として、受取から10日以内に1回3000円以上の街でのカードショッピングが必要となります。

「街で」というところがよくわかりません。

ネットショッピングだとだめなんでしょうか。

10日以内というのもわりと短く感じます。

そして、この条件を満たしたとしてももらえるポイントは期間限定ポイント500ポイントです。

実際10日間くらいしか使える期間がない、かなり使いづらいポイントです。

 

参加できるとはいえ、参加したいと思えないほどに、魅力のないキャンペーンでした。

 

もらえるカードにEdyが500円分チャージされている

カードが届いて初めて知ったのですが、届いたカードにはEdyが500円分チャージされているそうです。

特に注意書きもないので、楽天銀行カードからの切り替えの場合でもチャージされているということでしょう。

この点はうれしい誤算でした。

もしかして、入会と退会を繰り返せばそのたびにEdy500円を稼げるんでしょうか、とかちょっと悪いことも考えましたが、実際どうなんでしょう。

クレジットヒストリーが汚れそうなのでやるつもりはないですが。

 

まとめ・よかったことと悪かったこと

楽天銀行カードから楽天カードに切り替えてよかったことは、引き落とし口座を楽天銀行口座以外にできることです。

というかそれが目的で切り替えました。

キャンペーン面ではEdy500円分が手に入ったことがちょっとうれしいです。

悪かったことは、キャッシュカードが一時的に使えなくなることです。

これは、個人的には結構致命的な部分だと思います。

切り替えの際はよくタイミングを考える必要がありそうです。