とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

海外旅行用の外貨をFX口座で積み立てる発想

最近、FX積み立てという概念を知りました。

もしかしたら、海外旅行で必要な外貨をより安く得ることができるのではないかと、考察してみます。

 

 

 

FX積み立てとは

そもそもの話ですが、FX積み立てとはなんでしょうか。

「FX 積み立て」をキーワードに検索してみるとSBI証券やSBIFXトレードのページが引っかかります。

一般的なFX口座ほどではないがレバレッジをかけて、定期的に外貨を購入していくというもののようです。

 

海外旅行でのFX活用

海外旅行でのFX口座活用といえば、マネーパートナーズの外貨両替です。

FX積み立ては、現状SBI系でしかサービスがないのですが、そこでやっても実際に外貨として利用できなければ意味がありません。

海外旅行での活用を見据えるならば、マネーパートナーズのFX口座で手動で積み立てをするしかなさそうです。

 

積み立てのメリット

積み立てのメリットというのは、一度設定すればそれ以降特にいじらなくても自動的に買い付けが進むということにあると思います。

マネーパートナーズで手動で定期的に積み立てるというのは、途中でやめてしまうことが予想されます。

国際的な動きがあって、為替相場が不安定になる予想がある中で、自らの手で機械的に購入を進めるというのは、非常に大きなエネルギーを必要とするでしょう。

 

スワップポイント

FX積み立てを検討したとき、メリットとして思い浮かんだのは、スワップポイントがもらえるという点でした。

日本は低金利なので、日本円を売って外貨を買って保有しておくと、外貨の方が金利が高いので少しずつ利子のようなものが入ってきます。

しかし、結局このスワップポイントというのは、外貨の価値が下がっていくから発生するものです。

スワップポイントがもらえるからといって喜んでいる一方で、外貨自体の価値が下がって円高方向に動いていくので得になりません。

 

海外旅行での利用

海外旅行での利用のために、外貨を定期的に積み立てるのは特にメリットがなさそうです。

FX口座を海外旅行に活かしたいのであれば、円高だと思った時に外貨を仕込んでおくのがいいかなと思います。

結局円高の時っていうのがわからないのでどうしようもないのですが。

海外旅行と関係なく、FX自体が抱える宿命のようなものでしょう。