読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

ゲオを使うなら株主優待がお得!レンタルが常に半額

映画 株主優待

あなたはゲオを使ったことはあるでしょうか。

 

昨日、寅さん映画についての記事を書いたのですが、その際いろいろと思い出したり調べたりしていたら、また寅さん映画を観たくなってきました。

mawase.hatenablog.jp

 

寅さん映画は名作だと思うのですが、なかなか動画サービスではお目にかかることができません。

そのため、寅さん映画を観ようと思ったらレンタルで借りてくるというのが最初の選択肢になります。

 

以前ビデオレンタルショップとしてゲオを利用しまくっていたのですが、その際に株主優待がとてもお得だったので紹介します。

 

ゲオって?

使ったことのない人のために紹介しますと、ゲオはビデオレンタルのチェーンです。

同じ業態のツタヤに知名度や店舗数で劣っているようですが、業界第2位の規模らしいです。

ツタヤと比べたときの印象としては、おしゃれ感・清潔感・品揃えで負けて、価格で圧勝している感じです。

 

価格

ツタヤ・ゲオとも店舗ごとにレンタル料が異なり、インターネットにも出ていませんが、大体評判としてはゲオの方が安いという声が多いです。

たまにツタヤの方が頑張っている地域もあるそうですが。

安いというのはレンタル料に限らず会員料にも言えます。

ツタヤだと1年ごとの更新のたびに更新料を取られるのですが、ゲオでは入会費も年会費も無料です。

とりあえず作っておいても損しないのはいいですね。

 

品揃え

ツタヤに劣ってしまうゲオの品揃えですが、メジャーどころは問題ないと思います。

マニアック度が増していくとだんだんと見つからない作品が多くなってきます。

メジャーで誰もが借りるような作品をたくさん置いておくことでレンタル料が安くてもやっていけるようにするという戦略なのかもしれません。

 

ゲオに向いている人・向いていない人

ゲオを利用するのに向いているのはずばり安さを求める人でしょう。

王道メジャー映画をとにかくたくさん観たいという人にはうってつけだと思います。

逆にちょっとマニアックでおしゃれな映画を観たいという場合、ツタヤに行った方がいいかもしれません。

 

ゲオの株主優待

ゲオの株主優待の使い道でもっともお得なのはレンタル料金半額でしょう。

届いた紙を持って店舗に行くと、手持ちの会員証に常に半額の権利をつけてもらえます。

 

半額の威力はすさまじいです。

ゲオはもともとレンタル料が安く、私の近所だと旧作が7泊8日で100円ですが、これが半額になると50円で、4本借りても200円です。

さらに、ときどきセールをやっていて旧作50円になるときがあるのですが、このときもセール価格から半額が使えます。

こうなると4本借りて100円というもはや意味の分からない領域に突入します。

ゲオ様様ですね。

 

注意点としては、オンラインでのレンタルには使えないということで、実店舗でレンタルする必要があります。

近くにゲオの店舗がない場合は残念ですがあきらめてください。

 

ゲオの株主優待を手に入れるには

ゲオの株主優待は権利確定日が3月末と9月末です。

そのためこの時期にゲオの株を持っておく必要があります。

100株を持っておく必要があり、今だと大体13万円台ですね。

直近の場合、3月末に持っているとすぐに優待が利用できるようになるわけではありません。

6月頃にゲオから届く紙を持って店舗に行き、半額の権利をつけてもらうとそこから12月末まで有効になります。

3カ月ほどタイムラグがある点はよく注意しましょう。

3月の権利確定日前には値上がりすることが予想されます。

優待が欲しい人は今のうちですよ。