とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

個人名刺の作り方3パターンーメリットとデメリット

名刺

個人が名刺を作る場合、その方法は大きく分けて以下の3通りあります。

  • 実店舗での名刺作成
  • インターネットでの名刺作成
  • プリンターでの名刺作成

それぞれにメリットとデメリットがあるので、ここでまとめます。

 

 

 

実店舗での名刺作成

名刺作りの第1のパターンとしては、実店舗での名刺作成が挙げられます。

昔からあるパターンなので、今でも名刺作成といえばこの方法を真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。

 

メリット

実店舗で名刺を作るメリットとしては、早い対応が期待できる点です。

早ければ作りに行ったその日のうちに名刺を受け取ることもできるので、どうしてもスピードが必要な時には重宝します。

 

また、この後で紹介する2つの方法は、どちらもパソコンやインターネットをある程度使いこなせる必要がありますが、実店舗での名刺作成であれば、そのようなスキルがいらないというのもメリットです。

 

デメリット

実店舗での名刺作成にはデメリットもあります。

それは、自分の行動範囲内に、いい名刺屋さんがあるとは限らないという点です。

名刺屋さんがあったところで、納品が遅いお店であれば、素早い対応というメリットも失われてしまいます。

 

作成方法

実店舗で名刺を作る場合は、まずお店を探すところから始めます。

インターネットで、「名刺 地域名」で探すのがいいでしょう。

 

ネットでの名刺作成

インターネットで名刺を注文する方法があります。

新しい形態ですが、どんどん便利になってきており、おすすめの方法です。

 

メリット

インターネットで名刺を作るメリットは、デザインに力を入れることができる点です。

デザインのテンプレートや、デザインを整えるためのツールが豊富にあり、こだわり始めたらどこまでもこだわれます。

 

デメリット

インターネットでの名刺作成にもデメリットはあります。

1つは、作成と発送に時間がかかるということです。

また、デザインを整えるうえである程度、パソコンのスキルが必要になるのも、デメリットといえるでしょう。

 

作成方法

インターネットで名刺を作成するサービスはいろいろとあるので、いくつか挙げます。

  • ビスタプリント
  • ラクスル
  • プリスタ。
  • 名刺通販ドットコム

それぞれのサービスについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

mawase.hatenablog.jp

 

プリンターでの名刺作成

自宅にあるプリンターを使って、自分で名刺を作ることもできます。

 

メリット

プリンターで自分で名刺を作るメリットは、少ない枚数の印刷ができるという点です。

あまり多くの名刺を必要としない人に向いているでしょう。

また、少し作って気になる部分があれば変えてみたり、いろいろなデザインを試してみたり、ということも手軽にできます。

 

デメリット

プリンターで作成した名刺は、チープになりやすいという面があります。

チープに見せたくなければ、紙やインクやプリンターの質にこだわったり、他の作成手段を選んだりする必要があります。

また、自分でデザインをする上で、ある程度のパソコンスキルも必要になります。

 

作成方法

名刺印刷専用の紙が売られているので、それを利用します。

  • エーワン
  • インク革命.com

このあたりについても機会があれば、別記事で詳しく説明します。

 

まとめ

名刺の作り方を3パターン紹介しました。

いろいろなサービスが出ているので、またそれぞれ詳しく記事にします。