読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

副業用Facebookアカウントの作り方

副業

副業での人脈構築のために、副業専用のFacebookアカウントが欲しくなる場合があります。

まさにそのような状況になったので、副業用アカウントの作り方を調べてみました。

 

 

 

副業用Facebookアカウントが欲しくなる場面

私の場合の話です。

副業をする際、そのフィールドによっては人脈づくりが必要になります。

例えば不動産投資などは人脈があるほど有利になる面があり、人脈作りは必須です。

その際、Facebookでつながりたいところなのですが、副業関係の人脈は昔からの友人たちや会社の人たちには知られたくないと思いました。

そのようなとき、副業用アカウントが欲しくなります。

 

Facebookのポリシー上の話・実際の運営上の話

Facebookはそのポリシーとして実名登録をうたっているSNSです。

1人で複数アカウントを持つことは禁止されています。

そのため、複数アカウントを持っているとアカウントを停止されたり、削除されたりする可能性もあると考えておきましょう。

 

しかしポリシー上そうなっているからといって、実際に複数アカウントを持つと即座に停止されたりするかというと、そんなことはないようです。

Facebookでは、明らかに実名でないアカウントも見かけます。

このようなアカウントが存在していることから、副業用に仮名のアカウントを作成しても、本人とのつながりがわからなければ停止を免れられるように思います。

 

現状としては、副業用アカウントを作ったとしてもFacebookの運営チームから見逃される可能性が高いので、ポリシーを無視して作ってしまうのも1つの手段です。

今後運営が厳しくなったときにも存続できるとは限らないので、最悪アカウント停止されることも見込みつつ、やるならば自己責任でやりましょう。

 

Facebookページ

ポリシーの遵守という観点を重視するならば、その選択肢の1つとなるのがFacebookページの利用です。

Facebookページとは企業が広告に利用することを想定して作られた機能で、個人用アカウントと比べた時に、できることできないことに大きな違いがあります。

個人的にもっとも大きな違いは、Facebookページでは友達申請ができないということです。

副業のためにFacebookアカウントを持ちながら友達申請ができないというのでは、意味がだいぶ薄れてしまいます。

そのため、Facebookページ利用については検討しません。

 

友達リストの非公開

ポリシーを遵守しつつ人脈を作るもう1つの方法として、友達リストを非公開にするという方法があります。

これならば、副業上の関係者と友達になっただけでは、それを他の人に知られることはありません。

 

しかしこの機能には不便なところがあり、特定の人とのつながりだけを非公開にすることはできません。

すべての友達について一括で公開するかしないかを設定することになるので、昔からの友人とのつながりについても、他の人から見えなくなってしまいます。

Facebookをよく利用する人にとってはデメリットとなる点です。

 

また、副業の面からも不便な点があります。

誰とつながっているかが分からないので、人脈を広げにくいというところです。

友達リストを公開していれば、「あの人の友達であれば」というように共通の友達を介した紹介のような形で人脈を広げやすいですが、誰と友達なのか分からない状態ではこのメリットが使えません。

 

まとめ・副業用Facebookアカウントの作り方

副業用Facebookアカウントの作り方について調べた結果としては、以下のようになります。

  • ポリシーを遵守するならばFacebookページという方法があるけど、友達申請ができない
  • 友達リストを非公開にする方法もあるけど、不便な点が多い。
  • 運営次第で今後どうなるかわからないけど、複数アカウントを作ってしまうのが便利そう。

参考にしていただければと思います。