とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

南米ペルー・地上絵の町ナスカその3~ミラドールで荒野の景色を楽しむ

ナスカの荒野とハイウェイ

 

地上絵で有名なペルーの町、ナスカの紹介の3回目です。

今回はミラドールというものを紹介します。

 

ナスカその1~ナスカへの行き方、町の様子、食べ物について

mawase.hatenablog.jp

 

ナスカその2~地上絵遊覧フライトについて

mawase.hatenablog.jp

 

 

 

 

地上絵をミラドールから眺める

ナスカの地上絵は、セスナに乗って空から眺めるのがメインです。

しかし、楽しみ方はそれだけではありません。

地上で、地上絵に限りなく近くから見ることができます。

その場所こそ今回の記事のメインテーマの、ミラドール(mirador)です。

 

ミラドールとは

ミラドールとは、ナスカの地上絵を見るために建てられた鉄塔です。

今は観光用途がメインですが、建設当初は学術的な利用がメインだったんでしょうか。

 

パンアメリカンハイウェイのすぐそばに建っています。

このハイウェイはペルーの首都リマからナスカに陸路で来るときにも、ほぼ間違いなく利用される道路です。

そのため、移動の車中からも見ることができます。

 

正面から見るとこんな感じです。

ミラドール正面

すぐそばではお土産が売られています。

買う気がなかったので値段のチェックもしていませんが、商売上手ですね。

 

ミラドールを横から見ると、本当にただの鉄塔です。

ミラドール横

 

近くで見るとこうです。

ミラドール近接写真

本当にただの鉄の骨組みで最低限の手すりしか無いので、上り下りの際は少しだけ勇気がいります。

 

ミラドールへの行き方

ミラドールへは、ナスカから車で行くのが一般的です。

車で20分から30分くらいの距離です。

 

私の場合は、ホテルで車をチャーターしてもらって行きました。

36ドルかかりましたが、今思えばぼったくり価格だったかもしれません。

ナスカのフライトの予約と同時に手配したので、安く思えてしまったのがよくなかった。

 

ナスカのホテルは地上絵観光を売りにしているので、どこのホテルでも車をチャーターできそうな気がしますが、ホテルで手配できなかったら、タクシーと交渉することになるのでしょう。

 

ミラドールの料金

ミラドールに上る際は、見学料が必要になります。

私が行った2016年の時点では3ソルでした。

その時点で最新の地球の歩き方には、2.5ソルと書いてあったような気がするので、結構な勢いで物価が上がっているのかもしれません。

 

ミラドールから見える地上絵

ミラドールからは、「木」と呼ばれる地上絵と「手」と呼ばれる地上絵が見えます。

 

こちらは「木」。

ナスカの地上絵「木」

 

こちらは「手」。

ナスカの地上絵「手」

 

事前に、地上絵は線がはっきりしていないという情報を得ていたので、かなりぼんやりしたものを想像していたのですが、思ったよりもくっきりと見えるのだなという印象でした。

 

この時は夕方ちょっと前くらいでしたが、ミラドールから地上絵を見る際は、夕方の方が線が見えやすいと聞きます。

おそらく、日が傾いて影がわかりやすくなるからでしょう。

 

荒野の景色

実は、ミラドールに上ってもっとも感動的だったのは、地上絵ではなく荒野の景色でした。

 

草木のない乾燥した荒野が青空の下にどこまでも広がっている、日本では絶対に見られない景色です。

ナスカの荒野

 

道路側の景色も好きです。

ナスカの荒野とハイウェイ

こちらは、荒野の中にただ1本の道路がまっすぐ通っているだけなのですが、道路があることで、余計に南北アメリカ大陸の広大さを感じます。

イージーライダーという映画を思い出すのは私だけではないはず。

 

私が上ったタイミングでは他に誰も上っていなかったので、この景色を独り占めできて本当に最高の気分でした。

1人で行くのも悪くないものです。

 

まとめ

ナスカミラドールについて紹介しました。

荒野の景色が個人的には1番のお気に入りです。