読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とら紀行

雑記ブログのとら紀行です。海外旅行が好き。不動産投資が副業。節約や映画もときどき。

旅人レベルについての考察その1~旅人レベルの定義と衣食住

海外旅行

地球儀

今までいろいろと海外を旅行してきました。

そのおかげで、旅人レベルが上がってきたような実感を持っています。

これからも旅の経験を積んで旅人レベルを上げていきたいと考えているのですが、ふと「旅人レベル」ってなんだろうかと思い始めました。

そんなわけで、旅人レベルという概念について考察してみます。

 

旅人レベルとは

旅人レベルというのは、時間とお金という限られたリソースの中で、いかに自分のしたいことをできるかという自由度のことだと、自分は思います。

 

旅の目的は人によって様々です。

しかしその多くは、時間とお金というリソースが十分にあれば達成することができます。

 

絶景を見に行くというのも。

名物料理を食べつくすというのも。

世界一周するというのも。

多くの目的は、時間とお金で解決のしようがあります。

 

しかし実際旅をする際は、時間とお金には限りがあります。

だからこそ、限られたリソースでなんとかしようとするのが旅人のスキルではないかと思うのです。

 

そんな前提で、旅の要素を見てみます。

 

衣食住

まずは、旅とはいえ生きていく基盤となるのは衣食住なので、そこから考えます。

 

旅がうまい人、旅慣れた人ほど、少ない服でやりくりしているようなイメージがあります。

つまり服が少ないほど旅人レベルが高いといえそうです。

 

服が少ない方が荷物が少なくなります。

荷物が少ないと、交通手段の選択肢が増え、また余計な追加料金を取られなくなるので、行動の自由度が上がります。

この自由度の高さこそ、旅人レベルの賜物です。

 

旅慣れた人は、現地の人と同じ食事をするイメージがあります。

つまり食に関しては、旅人レベルの高さを決めるのは、どれだけ現地の人に近い食事ができるかということです。

 

現地の人の食事というのは、以下のような理由で、コストが下がります。

 

1つは、翻訳のような観光客向けのサービスのコストが含まれていないことです。

またもう1つは、その地域で手に入りやすい食事であるため、供給の多さに従ってコストが下がるということです。

 

現地の人と同じ食事をとるためには、いくつか必要なスキルがあります。

まず現地語が話せること。

話せないとしても現地の人とコミュニケーションがとれること。

胃腸の強さも重要です。

また、好き嫌いの少なさも大事で、好き嫌いしていては現地の人と同じ食事をとることはできません。

これら一つ一つのスキルをどれだけ持っているかが、旅人レベルに影響します。

 

旅人レベルが高いと言われる人は、ゲストハウスのようなところに泊まる印象があります。

そうしたほうが、少ない予算で旅ができるのです。

安宿に泊まれるメンタルと、安宿を探すスキルは、旅人レベルに影響する大事な要素です。

 

以上、衣食住のことまでを考えました。

次回以降の記事に続きます。